地球環境世界児童画コンテスト

人といろいろな生き物がともに生きる豊かな地球に。
地球上には人間はもちろん、多種多様な生き物が暮らしています。地球誕生から約40億年。長い年月をかけて今の地球が出来上がりました。 しかし今、人間の活動により急激に地球が汚されて、生き物にとってすみづらい地球になってきました。 地球は人間だけのものではありません。すべての生き物が仲良く暮らせる豊かな地球になるためにはどうしたら良いのでしょうか。 地球上で何が起きているのか、環境問題を通して考えてみましょう。
『生き物にとって大切な水』 生き物が生きていくために欠かせない“水”。 いま世界各地で人口の急増、産業の発展により水不足や水質汚染が深刻な状況です。 中には水不足が深刻な食料不足をもたらしたり、安全な水が飲めない地域もあります。 特に下水道などの設備不備により水質汚染は、人間だけでなく河川にすむ魚などの水生生物をはじめ流域生物の生態系にまでおよぶ問題になっています。