地球環境世界児童画コンテスト

人といろいろな生き物がともに生きる豊かな地球に。
地球上には人間はもちろん、多種多様な生き物が暮らしています。地球誕生から約40億年。長い年月をかけて今の地球が出来上がりました。 しかし今、人間の活動により急激に地球が汚されて、生き物にとってすみづらい地球になってきました。 地球は人間だけのものではありません。すべての生き物が仲良く暮らせる豊かな地球になるためにはどうしたら良いのでしょうか。 地球上で何が起きているのか、環境問題を通して考えてみましょう。
『生き物がすむ森を守ろう』 動物や鳥、昆虫や植物などの多くの生き物を育んでいる森。しかし開発による伐採や異常気象などの影響によって世界中で森が消えています。 森が失われるということは、そこにすむ生き物たちが一緒に消えてしまうことを意味します。 森を守るには、植林して元に戻すことと、今ある森を守ること。たとえば国立公園や保護地域を指定して人間が入らないように、木を切らないように法律作る…など。 世界各地で森を守る取り組みが進められています。